メンタルセラピストとは

トップページ > メンタルセラピストとは

メンタルセラピストとは

心の問題は話を聞くだけではなく、対話の中で今の気持ちをより理解出来るセラピストが必要です。
見えない心だからこそ感じる共感の心で対応。親身になって話せる・受け取るセラピストの資格です。

対話の中での共感から、原因を見つめるばかりではなく、客観的に相談者の気持ちを把握し今の状態を説明できるアドバイザーでもあります。一人で抱え込まないケアーと心の葛藤や問題など話を聞く存在です。
客観的な視点からのアドバイスなども行い考え方の広がりや新しい行動などへ導けるセラピストでもあります。

人の話を聞く・共感する姿勢はどんな職場でも求められる相談役として活躍できます。

聞き上手になるには共感する心がとても大切です。
共感することが出来る人はひとつの才能でもあります。
メンタルセラピスト資格では、コミュニケーションスキルの向上を大切にしております。

人の話を聞く事が好きな方は日本メンタルセラピストに向いている。

いつも人の話を聞く側の人。しかしアドバイスをすると関係が壊れてしまうそんな経験はありませんか?
話を聞くだけの役割からアドバイスを求められる人へ。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ